応募する前に気を付けておきたいこと

応募する前に

待遇を見れば非常に魅力的な風俗店のスタッフですが、応募する前に一度考えましょう。
欧米では「娯楽として性行為を楽しむ」という考え方が一般的になってきていますが、日本ではなかなか受け入れられないのが現状です。
風俗店に訪れる外国人も多く、顧客層として一定の市場があります。
事実、外国人向けに英語が話せるスタッフを更なる高待遇で迎える風俗店もあります。
日本人の多くが「怪しい」という印象を抱く風俗業ですが、本当に「怪しい」お店もあります。
火のない所に煙は立たぬともいいます。
違法営業しているお店もあります。
せっかく高待遇で就職しても、違法行為によって営業辞退を停止される場合もあり、見極めて就職先を探す必要があります。

違法性はないか

風俗店の男性求人の多くは、労働時間が12時間程度です。
まず、高待遇でも12時間の労働に耐えられるかを考えましょう。
また、人手不足なら残業もあり14時間、16時間という過酷な環境で働くことになる場合もあります。
高収入を得ても、仕事、睡眠、仕事、睡眠の生活が幸せでしょうか。
また、源泉徴収が10%と異常に高額なお店もあります。
当然のことですが、18歳未満を風俗店で雇用することは違法です。
就職しようとしているお店には、18歳未満と思しき女の子はいませんか。
余談ですが、デリバリーヘルスのサービス内容に本番行為は含まれておらず、行為に及ぶと違法になります。
嬢と客が自由恋愛で本番行為をすることを容認しているお店があるだけです。
援助交際は違法となりますし、自由恋愛でも18歳未満との性行為は法に触れます。
いずれにしても、これから就職しようというお店の情報はできるだけ集めてから、面接に挑むようにしましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top