風俗店で働くということ

ボーイの業務の意義

風俗店のボーイの仕事内容の多くは事務作業です。
風俗店のサービスの最終目標は、顧客を性的に満足させることですから、直接的には主に女性が担当することになります。
男性スタッフの仕事は、女性がきちんと仕事ができるようにサポートすることです。
これは、キャバクラでも同じですが、前述のように風俗店の業務が「性的に満足させること」なのにたいして、キャバクラの仕事は「客を楽しませること」です。
取引先の方を接待するためにキャバクラに来たのに、会話が弾まない。
何を話してよいかわからず、結局仕事の話をしてしまう、ということにならないように会話を回すのがキャバクラ譲の仕事ですので、広い見識と会話術が必要です。
キャバクラの男性スタッフは嬢が仕事に集中できるように、ホール業務を行います。

ボーイの業務

風俗店のスタッフは基本的には事務作業を行います。
嬢が仕事をできるように、備品のチェック、WEB更新、電話対応を行います。
風俗店は公式ホームページのほかに、風俗店の総合サイトに情報を載せていることがほとんどですので、どちらも更新します。
載せる情報は、その日にどの女の子が何時から何時まで出勤しているかなどの情報です。
お客から電話があった場合にはその対応をします。
顧客の要望を聞いて、要望に応えることができる女の子を案内します。
時間やプレイ内容を決め、顧客の住所を確認して車の手配をします。
サービスに不備がなかったか、などのアンケートも電話で行います。
嬢とのコミュニケーションも仕事です。
悩みを聞いてあげたり、世話話をすることもあります。
オフィスワークとマネージャー業を合わせたような業務です。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top